*本記事は広告を含んでいます。

PTOT国家試験

第59回理学療法士・作業療法士国家試験AM共通問題・解説|問61-65

第59回理学療法士・作業療法士国家試験

PR

61.伸張反射で正しいのはどれか。

  1. 侵害受容反射である。
  2. 多シナプス反射である。
  3. 求心性線維は Ia 群線維である。
  4. α 運動線維は筋紡錘内の錘内線維を支配する。
  5. γ 運動線維は伸張された筋の拮抗筋を支配する。

PR

62.運動単位で正しいのはどれか。 2 つ選べ。

  1. 運動単位には求心性線維が含まれる。
  2. 筋を徐々に収縮すると大きな運動単位が先に活動を始める。
  3. 筋が収縮する際に運動単位の数が増加していく過程を動員という。
  4. 細かい動きが要求される筋は一つの運動ニューロンが支配する筋線維数が多い
  5. 一つの運動ニューロンを刺激すると、その支配下にある筋線維が同時に収縮する

63.副交感神経の機能を持つのはどれか。

  1. 横隔神経
  2. 骨盤神経
  3. 舌下神経
  4. 内耳神経
  5. 肋間神経

PR

64.肺拡散能に影響を与えるのはどれか。 2 つ選べ。

  1. ヘモグロビン
  2. 死腔換気量
  3. 肺胞表面積
  4. 気道抵抗
  5. 残気量

PR

65.線維素溶解系で働く因子はどれか。

  1. カルシウムイオン
  2. フィブリノゲン
  3. プラスミノゲン
  4. プロトロンビン
  5. von Willebrand 因子

この記事は厚生労働省HP第58回理学療法士国家試験、第59回作業療法士国家試験の問題および正答についてから引用しています。

第59回理学療法士・作業療法士国家試験

共通AM 共通PM 理学AM 理学PM
51-55 51-55 01-05 01-05
56-60 56-60 06-10 06-10
61-65 61-65 11-15 11-15
66-70 66-70 16-20 16-20
71-75 71-75 21-25 21-25
76-80 76-80 26-30 26-30
81-85 81-85 31-35 31-35
86-90 86-90 36-40 36-40
91-95 91-95 41-45 41-45
96-100 96-100 46-50 46-50

スポンサーリンク

-PTOT国家試験