*本記事は広告を含んでいます。

国試練習問題

骨と関節|理学療法士・作業療法士国家試験共通問題過去問まとめ

2023年10月14日

\\\国家試験まであと3か月!対策ページはこちらから///

国試対策一覧へ

骨と関節に関しての過去問の正誤問題です。

全88問から30問ランダムで出題されます。

PR

骨と関節

次の問いに答えなさい。

1. 
棘孔は内頭蓋底にない(38回4)

2. 
寛骨臼は前外側を向いている。(53回PM51)

3. 
破骨細胞は巨大な多核細胞である。(51回AM61)

4. 
蝶口蓋孔は内頭蓋底にない(38回4)

5. 
手MP関節はらせん関節である(50回AM51)

6. 
骨には緻密骨と海綿骨がある(53回PM51)

7. 
肘の生理的内反の角度を運搬角という。(49回AM70)

8. 
股関節関節窩には骨頭の1/3が入る。(47回PM70)

9. 
上橈尺関節は車軸関節である。(50回AM51)

10. 
頭蓋骨は膜性骨化で形成される(51回PM51)

11. 
手根骨は膜性骨化で形成される(51回PM51)

12. 
大腿骨外側顆は内側顆より大きい(49回PM52)

13. 
肘頭は肘関節屈曲位でHuter三角を構成する。(49回AM70)

14. 
上腕骨は膜性骨化で形成される(51回PM51)

15. 
橈骨手根関節は運動軸が二つある(57回PM51)

16. 
正円孔は内頭蓋底にある(38回4)

17. 
大腿骨骨頭窩は骨頭の外側にある。(49回PM52)

18. 
大転子は小転子より近位にある。(49回PM52)

19. 
前縦靭帯は背部正中で皮膚と脊髄くも膜下腔との間にある(48回PM54)

20. 
関節軟骨は滑膜でおおわれている。(45回PM51)

21. 
頬骨は眼窩を構成する(38回3)

22. 
肘関節は球関節である。(50回AM51)

23. 
腕尺関節は関節円板を有する(57回AM51)

24. 
スカルパ三角を構成するのは。(55回PM60)

25. 
腓骨と接する骨は?

26. 
蝶形骨は眼窩を構成する(38回3)

27. 
恥骨筋はスカルパ三角内で触知できる。(55回PM60)

28. 
後縦靭帯は背部正中で皮膚と脊髄くも膜下腔との間にある(48回PM54)

29. 
皮質骨は骨梁から形成される(50回PM51)

30. 
橈骨手根関節は関節円板を有する(57回AM51)

国試対策一覧へ

PR

そのほか関連記事

遠城寺式乳幼児分析発達検査法

投影法、人格検査、知能発達検査

ブルンストロームステージ上肢

ブルンストロームステージ下肢

筋(起始停止/支配神経)

てこの原理

上肢装具

ホルモン

心理療法学

自律神経系

消化管、膵臓

自己免疫疾患

スポンサーリンク

-国試練習問題