*本記事は広告を含んでいます。

国試練習問題

自己免疫疾患|理学療法士/作業療法士国家試験対策

2023年8月8日

\\\国家試験まであと3か月!対策ページはこちらから///

国試対策一覧へ

今回は自己免疫疾患に関する問題です。

サクッと覚えましょう!

PR

自己免疫疾患

次の問題に答えなさい。

視神経脊髄炎は抗コリンエステラーゼ薬で症状が改善する。

重症筋無力症は女性に多い。

筋萎縮性側索硬化症は上位、下位運動ニューロンが障害される。

シャルコーマリートゥースは凹足を生じる。

前立腺肥大症の治療薬に男性ホルモンが使われる。

急性散在性脳脊髄炎は神経筋接合部の障害である。

重症筋無力症は40歳以前の発症はまれである。

多発性硬化症は再発と寛解をくりかえす

針筋電図の神経原性変化では低振幅・短持続電位波形が出現する。

軸索編成がある場合、活動電位は低下する。

ギランバレー症候群は人工呼吸管理の場合、早期から胸郭ストレッチを行う。

視神経脊髄炎は免疫不全状態で罹患しやすい。

抗コリン薬の影響で便秘が解消する。

シャルコーマリートゥースの好発年齢は60歳以上である。

多発性硬化症は高体温で症状が改善する。

シャルコーマリートゥースは上肢の筋委縮が起こる。

消化管出血にはアスピリンが使われる。

ギランバレー症候群は筋力低下の進行期には関節可動域練習より筋力増強運動を優先する。

重症筋無力症は午前中に症状が強い。

関節リウマチの治療薬にメトトレキサートが使われる。

ギランバレー症候群は約半数が発症 6 か月後の歩行障害に長下肢装具を必要とする。

ボツリヌス中毒症は潜伏期間は10日ほど。

重症筋無力症は近位筋の筋力低下がみられる。

ジスキネジアの治療薬にL-dopaが使われる。

ギランバレー症候群は数週~数カ月以内に治癒することが多い。

ギランバレー症候群は筋力低下の進行が停止すれば、早期から漸増抵抗運動を開始する。

ギランバレー症候群はビタミンB1欠乏で起こる。

脱髄病変は神経伝導速度に影響しない。

多発性筋炎は運動神経伝導速度に影響しない。

閉塞性動脈硬化症は運動神経伝導速度が低下する。

ボツリヌス中毒症は神経筋接合部の障害である。。

筋疾患は神経伝導速度は影響しない。

重症筋無力症は悪性腫瘍を合併する。

多発性硬化症は黄色人種に比べて白色人種に多い。

視神経脊髄炎はJCウイルス感染により発症する。

ギランバレー症候群は運動神経伝導速度に影響しない。

重症筋無力症は自己免疫疾患である。

ギランバレー症候群はステロイド投与が第一選択である。

ギランバレー症候群は脱髄型と軸索型がある。

ギランバレー症候群はステロイドパルス療法が有効である。

シャルコーマリートゥースはアキレス腱反射亢進する。

ギランバレー症候群の再発はしばしばみられる。

重症筋無力症は眼瞼下垂がおこる。

多発性硬化症は深部腱反射低下する。

多発性硬化症は男性よりも女性に多い

多発性硬化症はバビンスキー反射(+)である。

重症筋無力症は末梢神経の連続刺激で電位の振幅の漸減する。

筋萎縮性側索硬化症は運動神経伝導速度が低下する。

多発性硬化症はPhalenテスト陽性である。

抗コリン薬の影響でめまいが生じやすくなる。

抗コリン薬の影響で流涎が生じやすくなる。

多発性硬化症は60歳以上で発症することが多い。

重症筋無力症は血清クレアチンキナーゼが増加する。

視神経脊髄炎はレム睡眠行動異常を生じる。

国試対策一覧へ

PR

そのほか関連記事

遠城寺式乳幼児分析発達検査法

投影法、人格検査、知能発達検査

ブルンストロームステージ上肢

ブルンストロームステージ下肢

筋(起始停止/支配神経)

てこの原理

上肢装具

ホルモン

心理療法学

自律神経系

消化管、膵臓

自己免疫疾患

スポンサーリンク

-国試練習問題