*本記事は広告を含んでいます。

PTOT国家試験

第53回理学療法士・作業療法士国家試験AM共通問題・解説|問61-65

第53回理学療法士・作業療法士国家試験

PR

61.反射と脳神経の組合せで正しいのはどれか。

  1. 角膜反射-視神経
  2. 対光反射-動眼神経
  3. 前庭動眼神経-三叉神経
  4. 下顎反射-顔面神経
  5. 咽頭反射-副神経

PR

62.伸張反射について正しいのはどれか。

  1. 侵害受容反射である。
  2. 単シナプス反射である。
  3. 求心性線維はIb群線維である。
  4. 遠心性線維はγ運動線維である。
  5. 筋紡錘内の錘内線維を支配するのはα運動線維である。

類似問題はこちら

63.運動単位について正しいのはどれか。

  1. 運動単位には求心性線維が含まれる。
  2. 1つの筋は単一の運動単位で構成される。
  3. 神経支配比が小さいほど微細な運動ができる。
  4. 随意運動時には大きな運動単位ほど先に活動を始める。
  5. 伸張反射では弱い刺激で活動を開始するのは速筋である。

類似問題はこちら

PR

64.抗体を産生するのはどれか。

  1. 好酸球
  2. 好中球
  3. 好塩基球
  4. 形質細胞
  5. マクロファージ

類似問題はこちら

PR

65.胆汁について正しいのはどれか。

  1. 脂肪の吸収を抑制する。
  2. 消化酵素が含まれる。
  3. 食物の摂取によって分泌が増加する。
  4. 胆汁酸塩の大部分は大腸で再吸収される。
  5. 胆嚢で産生される。

類似問題はこちら

この記事は厚生労働省HP第58回理学療法士国家試験、第58回作業療法士国家試験の問題および正答についてから引用しています。

スポンサーリンク

-PTOT国家試験