*本記事は広告を含んでいます。

国試練習問題

自己免疫疾患・筋疾患|理学療法士・作業療法士国家試験共通問題過去問まとめ

2023年10月15日

\\\国家試験まであと3か月!対策ページはこちらから///

国試対策一覧へ

自己免疫疾患に関しての過去問の正誤問題です。

全52問から10問ランダムで出題されます。

次の問いに答えなさい。

1. 
多発性硬化症は免疫不全状態で発症しやすい(56回PM89)

2. 
視神経脊髄炎はJCウィルス感染により発症する。(55回PM88)

3. 
ジスキネジアの治療薬としてL-dopaが使われる。(51回AM95)

4. 
視神経脊髄炎はレム睡眠行動異常を生じる。(55回PM88)

5. 
筋強直性筋ジストロフィーの発症年齢は3~5歳に多い。(52回AM89改)

6. 
視神経脊髄炎は末梢神経伝導検査で複数の神経に運動神経伝導速度低下を認める。(54回AM91)

7. 
重症筋無力症は血清クレアチンキナーゼが上昇する。(54回PM91)

8. 
Duchenne型筋ジストロフィーは咳をする力は保たれる。(53回AM91)

9. 
Charcot-Marie-Toothは神経筋接合部の障害が病態の中心である。(45回PM90)

10. 
重症筋無力症はテンシロン試験で症状が悪化する。(54回PM91)

国試対策一覧へ

PR

そのほか関連記事

遠城寺式乳幼児分析発達検査法

投影法、人格検査、知能発達検査

ブルンストロームステージ上肢

ブルンストロームステージ下肢

筋(起始停止/支配神経)

てこの原理

上肢装具

ホルモン

心理療法学

自律神経系

消化管、膵臓

自己免疫疾患

スポンサーリンク

-国試練習問題