*本記事は広告を含んでいます。

国試練習問題

強直性ジストロフィー|理学療法士/作業療法士国家試験対策

2023年8月7日

\\\国家試験まであと3か月!対策ページはこちらから///

国試対策一覧へ

今回は強直性ジストロフィーに関する問題です。

サクッと覚えましょう!

PR

強直性ジストロフィー

次の問題に答えなさい

1. 
筋強直性ジストロフィーは痙縮がみられる。

2. 
筋強直性ジストロフィーは有痛性けいれんを生じる。

3. 
福山型筋ジストロフィーは成人してから歩行できるようになることが多い。

4. 
筋強直性ジストロフィーは下垂足がみられる。

5. 
筋強直性ジストロフィーの遺伝形式は?

6. 
福山型筋ジストロフィーは女児のみに生じる。

7. 
福山型筋ジストロフィーは精神遅滞はデュシェンヌ型よりも大きい。

8. 
筋強直性ジストロフィーは顔面筋は侵されにくい。

9. 
筋強直性ジストロフィーはミ認知機能が障害されることがある。

10. 
福山型筋ジストロフィーの発症頻度はデュシェンヌ型よりも少ない。

11. 
福山型筋ジストロフィーは初発年齢は10歳ころである。

12. 
筋強直性ジストロフィーはミオトニアはみられない。

13. 
筋強直性ジストロフィーは5歳までに発症する。

国試対策一覧へ

PR

そのほか関連記事

遠城寺式乳幼児分析発達検査法

投影法、人格検査、知能発達検査

ブルンストロームステージ上肢

ブルンストロームステージ下肢

筋(起始停止/支配神経)

てこの原理

上肢装具

ホルモン

心理療法学

自律神経系

消化管、膵臓

自己免疫疾患

スポンサーリンク

-国試練習問題