*本記事は広告を含んでいます。

PTOT国家試験

運動学④下肢|PTOT共通分野別問題

2024年6月21日

PR

関節で正しいのはどれか。|第59回共通AM72問

  1. 距腿関節は 2 度の運動自由度をもつ。
  2. 後脛骨筋は外がえしの共同筋である。
  3. ヒラメ筋は足部内がえしに作用する。
  4. 足根中足関節の主な運動は滑りである。
  5. 立方骨は内側縦アーチを構成する骨の一つである。
PR

足部内側縦アーチの維持に最も関与するのはどれか。|第58回共通AM70問

  1. 三角靱帯
  2. 長足底靱帯
  3. 後脛骨筋
  4. 足底筋
  5. 第三腓骨筋

膝関節半月板について正しいものはどれか|第57回共通AM52問

  1. 内縁は外縁より厚い
  2. 外縁は外側側副靭帯に付着する
  3. 外縁は血行により栄養されている
  4. 内側半月板の形状はO字状である
  5. プロテオグリカン量は関節軟骨より多い。

第57回共通AM51-55問はこちら

骨と関節に関する練習問題はこちらから

PR

右下肢の運動の様子を図に示す。関与する主な筋はどれか。|第57回共通AM70問

  1. 膝窩筋
  2. 大二頭筋
  3. 薄 筋
  4. 半腱様筋
  5. 縫工筋

第57回共通AM66-70問はこちら

PR

膝関節屈曲運動の制限に関与するのはどれか。|第57回共通AM72問

  1. 斜膝窩靱帯の緊張
  2. 前十字靱帯の緊張
  3. 大腿後面と下腿後面の接触
  4. 大腿骨の転がり運動の出現
  5. 内側側副靱帯の緊張

第57回共通AM71-75問はこちら

スポンサーリンク

-PTOT国家試験