*本記事は広告を含んでいます。

心リハ指導士試験

【心リハ指導士過去問・練習問題】運動生理学②

2023年7月4日

練習問題に挑戦

こんにちは。むくたです。

心臓リハビリテーション指導士試験の過去問はほとんどありません。

出第範囲は講習会の内容と心臓リハビリテーション必携から出題されます。

勉強しやすいように出題範囲から確認問題を作成しました。

日々の勉強の確認に使用してください。

PR

心リハ指導士試験の過去問は存在する?

心リハ指導士の過去問は存在します。

心臓リハビリテーション強化のホームページから会員ページにログインするとダウンロードできます。

心臓リハビリテーション協会会員ページはこちらから

しかし、各分野5問ずつほどしかなく、これを学習するだけでは足りないですね。

今回試験範囲内から予想も問題を作成しました。ぜひ活用してください。

PR

運動生理学②:心リハ指導士試験の練習問題

安静臥床による身体的デコンディショニングについて答えなさい。

TypeⅡa線維は減少する

呼気筋力は増加する

ミトコンドリア容量は増加する

TypeI線維は増強する

TypeⅡb線維の割合は減少する

最大随意筋力は低下する

体液移動による循環血漿量は増加する

解糖系酵素活性は相対的に減少する

交感神経活動に対する血管反応性は低下する

運動呼吸循環応答は増加する

圧受容体反射は低下する

骨格筋量は低下する

リハビリテーションのガイドラインはこちら(2021)

他の分野の問題はこちらから

心臓リハビリテーション必携を購入するには

指導士の試験には「心臓リハビリテーション必携」が必須です。

一応アマゾンにも売っていましたが、ちょっと古いかもしれません。


最新版は、心臓リハビリテーション学会のホームページから購入申し込みが可能です。

もっと安く購入したいよという方はメルカリにも中古で売られてらりするので確認してみてください!!

PR

心リハ指導士試験に関する記事

循環器の症候とその検査

運動生理学①

運動生理学②

運動処方に与える薬剤について

循環器系症候について

循環器系症候について②

CS分類

循環器解剖学

レジスタンストレーニングVS有酸素運動のまとめ

救急処置に関する練習問題

予想問題①

予想問題②

PR

まとめ

今回は心臓リハビリテーション指導士の問題を作りました。

日頃の勉強の確認で活用してみてください。

この記事を書いた人

自己紹介

むくた

☑【職業】:理学療法士(急性期・回復期)4年間

→一般企業へ転職

☑【年齢】:アラサー

☑【趣味】:アウトドア、スポーツ観戦

☑【ブログを始めたきっかけ】

 理学療法士の多様性を広めたい。

 理学療法士の悩みを解決する手助けになりたい

スポンサーリンク

-心リハ指導士試験